お客さんにもキャストにも好評

デリヘルのタバコ問題は待機室だけではありません。接客にも影響を与えてしまうのです。お客さんの中にはタバコのニオイを極端に嫌う方もいますので、待機部屋の分煙化はお客さんに好評です。さらに、吸わないキャストもニオイを気にする心配がありません。

お客さんから喜んでもらうのであればタバコを止めた方が良いのですが、それが難しい女性は必ずニオイ対策をしましょう。待機部屋を出てラブホテルをする前にマウスウォッシュでうがいをしてください。そして、服や髪の毛にもタバコのニオイがついてしまうので、消臭スプレーをしましょう。これでタバコのニオイをごまかすことが出来るのです。多くのデリヘルではマウスウォッシュや消臭スプレーを待機部屋に用意しています。

また、プレイが終わってからタバコを吸うお客さんもいますが、そこで喫煙者は自分も吸いたくなるものです。そういった場合は必ずお客さんに許可をもらってから吸うようにしましょう。タバコを吸わないお客さんでしたらタバコを我慢してください。

そして、いくら喫煙者のお客さんだったとしても、タバコを吸うデリヘル嬢を良く思っていません。そのため、お客さんから指名をしてもらうのであれば仕事中だけ禁煙するようにしましょう。

禁煙ではなく分煙が主流

現在の日本は健康意識が向上しているためタバコを吸う人は減少していますが、それでもゼロになったわけではありません。そして、もちろん喫煙者にも吸う権利があります。そのため、どのような環境でもタバコは大きな問題となっているのです。それでは、デリヘルの待機部屋のタバコはどうなっているのでしょうか。

これまでの待機部屋ではどこでも喫煙可能となっていました。そのため、常にタバコの煙に触れる環境だったのです。さらに、集団待機では少しでもタバコを吸ってしまうと、たちまち待機部屋中に煙が広がってしまいます。さすがにこれは吸わない女性にとって苦痛ですので、現在は分煙が主流となっています。多くの待機部屋ではベランダなどに喫煙室を設置して、そこだけでタバコが吸えるようになっているのです。

また、最近は個室待機が人気となっていますが、個室はネットカフェのブースのような造りですのでタバコの煙が入り込んでしまうのです。そのため、個室待機の場合はネットカフェのように喫煙ブースと禁煙ブースを別にしています。

タバコの問題は吸う人だけでなく吸わない人も注意すべきポイントです。そのため、風俗求人に応募をする前に分煙がされているかチェックをしておきましょう。

待機室の環境が風俗求人の良しあしを決める

デリヘルとは現在の風俗シーンにおいて、最も勢いのあるジャンルと言えるでしょう。ほかのジャンルと比較してオープンが手軽であることから、全国的に増加傾向にあります。そのため、安定した集客力がありますので、風俗求人に応募をするのであればデリヘルが良いでしょう。

また、風俗求人サイトや風俗求人雑誌には数多くのデリヘルの求人がありますが、そこで注意すべきポイントがあります。何よりもお金のことを考えてしまいがちですが、それだけではありません。待機部屋の環境についても考えましょう。デリヘルとは無店舗型ヘルスであることから、指名を待つ間はお店の用意した待機部屋で待機をしていなければなりません。そのため、待機部屋で過ごす時間は長いので、その環境が非常に重要なのです。

待機部屋には集団待機と個室待機の二種類があり、個室待機が人気となっています。集団待機は広い部屋に出勤しているすべての女性が待機しているので、どうしても周囲に気を遣ってしまうのです。しかし、個室待機はひとりひとりに個室が用意されており、その中で待機をするので気を遣う必要がありません。個室はネットカフェのブースのような造りとなっているので、快適に過ごすことが出来るでしょう。

また、待機部屋はタバコについても考えなければなりません。デリヘルには吸う人と吸わない人がいますので、タバコは非常に重要なのです。こちらではデリヘルでのタバコについて解説いたします。